top  > 歴史

合氣拳法の歴史

昭和59年
橋田桂一郎(はしだ けいいちろう)師範・福田進(ふくだ すすむ) 師範により空手本来の総合武術を目指し空手道の突き・蹴り・当身に合氣道の投げ技・関節技等を取り入れた空手道を目指し「合氣拳法」を創始する。
同時に全日本合氣拳法連盟設立。

会長 橋田桂一郎 副会長 福田進。
昭和60年
大会名誉会長に笹川良一(ささがわ りょういち)氏、大会会長に鈴木正文(すずき せいぶん)氏を迎え、第1回全日本合氣拳法選手権大会開催。
平成元年
福田進師範 第二代連盟会長に就任。
福田進第二代会長死去に伴い、比嘉勇(ひが いさむ)師範。
第三代会長に就任。
平成11年
2001合氣拳法祭を開催。
平成13年
橋田桂一郎師範 合氣拳法宗家に就任。
平成16年
NPO法人(内閣府第1745号)として認可。
▲TOPへもどる

宗家・橋田 桂一郎の略歴

宗家 宗家・橋田 桂一郎
(はしだ けいいちろう)

昭和16年
大阪市旭区にて出生
昭和21年
旭警察柔道教室で柔道を学ぶ
昭和30年
市立都島工業高校柔道部及びニュージャパンにて藤田哲郎(ふじた てつろう)師範に師事
昭和32年
日本空手道糸東流 摩文仁賢栄(まぶに けんえい)宗家、摩文仁三郎(まぶに さぶろう)師範に師事
昭和40年
合氣道養神館 寺田精之(てらだ きよゆき)師範に師事
昭和41年
日本合氣拳道 須藤百治(すどう ももじ)宗家に師事
昭和42年
大阪工業大学体育会で合氣拳道部創設、後に合氣拳法部に名称変更
昭和54年
京都正武館日本空手道剛柔流 鈴木正文館長に師事
昭和59年
合氣拳法創始同時に全日本合氣拳法連盟設立,、初代会長に就任
平成13年
合氣拳法初代宗家に就任
平成17年
NPO法人(内閣府第1745号)として認可、初代理事長に就任
▲TOPへもどる

宗家・橋田 桂一郎の略歴

会長 会長・比嘉 勇
(ひが いさむ)

昭和38年 兵庫県伊丹市にて出生
昭和56年 近畿大学入学と同時に合氣拳法部へ入部
故 福田進先生に指導を受ける
平成4年 近畿大学監督へ就任
平成13年 3代目会長へ就任
平成18年 全日本セーフティー会長へ就任
▲TOPへもどる

コンテンツ

  • トップページ
  • 合氣拳法について
  • 歴史
  • 道場案内
  • 大会行事予定
  • 実技・実践・練習について
  • 入会案内
  • 連盟概要
  • お問い合わせ
  • あいけんレポート
  • 参加大会主な戦績
  • 参加大会主な戦績